スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓↓応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 アニメブログへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

PandoraHearts 最終話 「否定の彼方へ」

7_20090925214551.jpg
毎週いつもwktkしならが、オズが存在してはならない理由とか、アリスの記憶とか
サブリエの悲劇とか・・・etcの真相については
いつやってくれるのかなと思って見ていたら、
気づけばもう最終回・・・工エエェェ(´д`)ェェエエ工

いくらなんでもこれはひどすぎるだろ(#`Д´)
2クールもあって、謎という謎がまったく明かされてないんだが・・・OTL
原作読んでないからわからないけど、きっと原作でも明かしていないから
みたいな理由なんだとは思うんだけど、2クール使うなら、
せめてオリジナルな解釈でもいいので、ちゃんとしてほしかった。

アニメ化は計画的に!!!
と叫びたいwww

・最終回の内容

↓↓応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 アニメブログへ
オスカーにそろそろベザリウス家に戻って来いと言われるが、
オズはやはり父親のことが気になってなかなか踏ん切りがつかない。
だが、その父親のザイ=ベザリウス はオズの成人の儀を境に姿を消してしまったと。

10年ぶりに家に帰るオズ。
父親がいない今、オズがべザリウス家の当主になり、家を守ることが望ましいのだが。
ベザリウス家の当主はグリフォンというチェインと契約し、
それあってこその四大公爵家ということを聞かされる。
しかし、ザイ=ベザリウス がそのチェインと契約したまま、行方不明。
オズはグリフォンのことをオスカーに聞くと、後ろにはグリフォンの絵が飾ってあった。
それを見たオズは驚愕することとなる。
なぜならそのチェインこそ、成人の儀の時、オズをアビスに落としたチェインだったからだ。
父親もバスカヴィルの一味だった。
そしてすべてを知るために、バスカヴィルの本拠地に赴く。
そこは100年前のサブリエの悲劇の場所だった。
とうとういろいろな謎が解ける時が・・・
そこへグリフォンが現れる。
仲間がアビスに落ちそうになる中、オズは自力でアリスの封印を解き、
グリフォンを圧倒する。
そして崩れる建物の上にザイ=ベザリウス が現れた。

1_20090925214540.jpg
弱くて、欠点だらけの俺だけど、俺は決して前進をやめない。
俺が何者であろうと、俺の存在は他の誰でもない俺自身が肯定する。
他の人達が何を考え、どうおもっているのかは俺には知らない。
でも俺は恥じることなく、迷うことなくあり続ける。オズ=べザリウスとして
これだけは伝えておきたかったんだ、父さんに


>せっかくなんでもう少し、真相を聞いて見ても・・・OTL

2_20090925214539.jpg
一人の人間を否定するのは決して楽しいことではないが、
だが、奴は存在してはいけない、そもないと・・・


>う~ん、さもないとなんだよ!!!

あとはふつうにEDとなりました。

4_20090925214539.jpg
5_20090925214538.jpg
6_20090925214538.jpg
PandoraHeartsの女の子キャラはどれもかわいすぎる(・∀・)ニヤニヤ
もっと妹をだしてほしかったです!

内容がけっこうおもしろかっただけに、
最後が非常に残念なことになってしまったような・・・
第2期とかやるのかな?やったらいいな(^▽^)


スポンサーサイト
[ 2009/09/25 02:38 ] PandoraHearts | TB(2) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anime0219.blog59.fc2.com/tb.php/92-94ce1f99


Pandora Hearts 第25話 「否定の彼方へ」

 まるで打ち切りエンドみたいに強引に結末に向かって走っていきましたね。終盤の展開にちょっと唖然としてしまいました。多くの謎を残しつつ終了という感じでしょうか。2期を意識しているのかすんなりした終わり方ではないですね。
[2009/09/25 22:51] URL つれづれ

Pandora Hearts 第25話「否定の彼方へ」

「でも俺は、恥じる事なく迷う事なく在り続ける オズ=ベザリウスとして!」 オズをアヴィスに堕とした人物の正体――! 衝撃の事実にオズが出...
[2009/09/25 23:56] URL WONDER TIME















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。